「平和の少女像」の展示とその中止についての私的整理

 

事実関係がどうだったかという細かい話はほどほどにして、自分の認識について整理しておきたい。

自分としては法的に問題なければ好きにやればいいという姿勢に変わりはないのだが、今回の件は単に表現の自由という枠を超えて問題が複雑すぎる。

 

税金が絡むということ

まず一つ目の問題としては税金が入っているイベントだったということ。表現の不自由展自体は2015年にもやっていて、その時も少女像は展示されていたが、特に大きな問題にはならなかったようだ。

2015年には、日本の市民らが在韓日本大使館前に設置したのと同じ大きさの少女像と写真作家アン・セホン氏が撮影した慰安婦被害女性の写真などを集め、東京私立展示館で「表現の不自由展」という名前で展覧会を開いた。

http://japan.hani.co.kr/arti/international/34000.html

私立展示館でやるぶんには完全に公とは切り離された話になるが、税金が入る公のイベントでとなると、税金の使途として適切なのかという市民の意見とも対峙する必要が出てくる。これは表現に対する弾圧というより、むしろ市民も金の関係故に表現の当事者側に回り、その内部で合意形成がうまくいかない形になっているとみるのが妥当だろう。だから市民から抗議の電話があったとしても、金を出した行政の長から批判があっても、単に表現に対する弾圧とみなすことはできないだろう。

ちなみに前回の展示では別に少女像があることが隠されていたわけでもなく普通に同サイトで記事になっている。

http://japan.hani.co.kr/arti/international/19369.html

 

少女像のもつ意味

二つ目は現状、少女像が日本で持つ意味合いである。日韓合意(2015年末)で一定の解決に至ったと思われた慰安婦問題は今、こじれにこじれている。日本大使館前にある少女像はウィーン条約違反の疑いありと日本政府が抗議しているが韓国政府は有効な対応はしない。そして日韓合意で支払った10億(これまた税金)は宙ぶらりんのままである。

そんななかで同じ製作者による少女像を日本で展示するのは、はっきり言って煽りとしてしか機能しないだろう。平和を求める像といえば聞こえはいいが、字句通り受け取ってもらえるはずもなく、日本の問題解決に対する努力を踏みにじる像として見えてしまう人多く出てくることは想像に難くなく、結果、最大限の反発をくらうのは想定できたはずだ。

また、そうした像を無批判に展示許可してしまうのは名古屋市長が言っているように向こうの主張を認めることになるという主張も一理ある。

ドイツでナチのカギ十字、韓国で旭日旗が単にデザインとして扱われないのと同様に日本では少女像がもはや単なる像として扱われないのは当然の帰結だろう。

いずれにしても表現として規制されるべきではないと思うが、それらに対する批判もまた言論の自由であるから同じく規制されるべきではない。だが単に批判を踏み越えての脅迫や犯罪予告等は論外であろう。

 

小結論

というわけで今回の件は全体としてみると複雑だが、表現の自由という観点からみると脅迫などの法律違反の抗議が問題であり、正当化の余地はない。そこもう警察にしっかり仕事してもらうほかない。

あと行政は口を出すなというが、逆に韓国ヘイト作品があっても出展を許容すべきとまで言えるだろうか。行政はある程度のノンポリ的態度で裁量権を行使すべきである。

 

当事者間の問題について

 

今回の出展は津田の要請によるものである。

あいちトリエンナーレの芸術監督でありジャーナリストでもある津田氏が、当時展示を進めた市民らに依頼し、今回の少女像の展示が実現した。

http://japan.hani.co.kr/arti/international/19369.html

 

そもそもファイル共有ソフト解説で名を挙げたジャーナリスト崩れが芸術監督をやっているのが一番の謎なんだが(こいつが一番表現の自由の敵だろ)、今日の最悪の日韓関係を知らないわけもなくそもそも炎上狙いで今回の展示を企画したんじゃないかと疑いたくなる。

「表現の不自由展」の主催者が津田に踊らされて一番、燃料が注がれたところに飛び込んでしまったというところだろう。諸々の心配もあっただろうが、津田が心配するなとかなんの保証もないことでも言ったのだろう。いい面の皮であり、多少の同情を禁じ得ない。

 

不自由展の委員らは中止の撤回を求めており、さらに問題は続きそうだ。

表現の不自由展、中止に実行委が抗議「戦後最大の検閲」 [表現の不自由展・その後]:朝日新聞デジタル

表現の自由というより当事者間の契約とか期待権の話に近いだろうが、今回は実際の脅迫があったことから、主催者が展示の中止判断をするのはやむをえないと言える。法的措置をとるといってもそういう点で、仮処分申請などで続行してもらうのはなかなかハードルが高いだろう。やはり当事者全体が一枚岩にならないと表現はもろくなるという印象だ。

 

過去の事件との比較

ニコン慰安婦写真展中止事件 - Wikipedia

一度許可したにもかかわらず、抗議を恐れたため中止というのは民間でも通らないぞという事件。今回は中止を決定したのがイベントの実行委員会であるからまた違った話となる。

 

九条俳句、公民館だより不掲載は違法 最高裁で確定:朝日新聞デジタル

「女性の人格的利益の侵害にあたる」。内容に対立意見があるからと言って掲載拒否はできないという判例

 

 サムネ用:

だからWinMXはやめられない

だからWinMXはやめられない

 

 

コインハイブへの無理筋な擁護が謎

 

コインハイブ事件 高木浩光氏が公判で証言「刑法犯で処罰されるものではない」 - 弁護士ドットコム

ユーザーに明示しない時点でNGだろ。同じリソース喰うでも意図が違うし、横車押すような反論。広告とコインハイブの間にはいくらでも線が引ける。

2019/01/16 03:41

 

高木は別に嫌いじゃないが、無理筋擁護だと思われる。リソースを使う点では広告と同じと言っているが質的差異がある。広告と同一線上にならべてちょっと悪いぐらいだみたいに見せたいのだろうが無理がある。線引きはちょっと考えただけでもいろいろ出てくる。

  1. 広告はユーザーに表示された時点でその表示のためにリソースが使用されたことが分かるが無断マイニングではわからない。
  2. 広告はメディアに対して付随するものということには社会的に理解されている文化である。ユーザーが認知できないようにしたい広告はない。それに対しウェブを閲覧しただけでマイニングがされて当然というような社会的合意は今のところない。(また、今後も理解を得られる望みは薄いだろう。)
  3. メディア側の収益化の手法として広告はユーザーに見てもらうことに意味があり、リソースの消費はあくまで不可避的に発生するものになるが、マイニングではユーザーのリソースを使うこと自体に目的がある。合意がない場合、マイニングで得られた収益はそもそもユーザーに帰すべきものである。

というわけで到底、無断マイニングは広告とは量的差異にとどまらない質的差異があり広告と比較しての擁護は無理があるだろう。

むしろユーザーに無断という点ではクッキーやトラッキングと比較すべきだろう。Web開発側の人間ならともかく、これらはユーザーのWeb上での行動を外部送信する場合があるので問題になりうる。ただリソースの消費は限られたものになる場合が多いであろうし、個人情報になるレベルのものではないのが通常だ。(もしそれを踏み越えるものがあるのであれば別途問題にすればよい)

そもそも論として不正指令電磁的記録関連の法律は射程が広い。単にあからさまなウイルスを対象としているわけではない。あいまいと考える人もいるかもしれないが、内実としてはユーザーに対して説明責任をしっかり果たしていれば基本的には問題にならない。保護法益は「電子計算機のプログラムに対する社会一般の者の信頼」としており、今回の件が、それを毀損するのであれば罰は免れまい。法制化してから罰しろという意見があるが、そういう意味では既に法律化されているのである。

参考:http://www.moj.go.jp/content/000076666.pdf

現状の法律はそうなっているので単にウイルス扱いされていると思って擁護していた人はもう少し認識を改めて本当に擁護に値するものかどうかを確認することをおすすめする。

若おかみは小学生!の感想(ネタばれあり)

音楽が平凡すぎ。作画の6割ぐらいの実力だった。同じフレーズが3回ぐらい聞こえてきたときは切れそうになったw

作画はぬるぬる感があって良かったが、動画から起こしたのかなという印象が強く、そこまで魅力的なカットはなかった。

ストーリーはまあまあ良かった。実際結構なもらい泣きしたが、別離の涙であって感動の要素は薄い印象。

おっこが成長していく姿は良かったが、かなり自助に近い感じな印象。幽霊組も存在の必然性があまりなく、お別れ要素の盛り上げ材料と化している印象。

いっそ、グローリー丸ごとカット(買い物シーンは面白いがいらない)して、幽霊組や婆ちゃん、ピンフリとの絡みをもっと濃くした方がよかっただろう。逆にいうとピンフリの人間が出来すぎていて魅力が薄い。もっとデレがあった方がよかった(おっこがありがとうと言った時に多少はにやけろや)し、お互いに成長していくみたいなストーリーが見たかったなぁ。

総合してギリ佳作といったところか。

(あと山ちゃんの声が浮きすぎな印象。いい声すぎるw)

 

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)

 

 

かえる(ふくろ)さんのツイート: "「女性の下着はエロいから下着屋も規制しろ」「太ももが卑猥ならミニスカートで歩いてる女性も規制対象だ」などのように、区別がつけられずお困りの人がいたら、この画像2点を見せてあげてほしいです…こちらの画像はご自由にお使いください(いらすとやさん素材ですし)… https://t.co/Jw5IV54Ec7"

またブコメで屁理屈いうやつが居るんだろうけど、社会で合理的に受容される程度の基準を無視して外形的な要素還元の陥穽にはまるなら、そもそも裁判所みたいな「事実認定の専門家」もいらないわな。

2018/11/04 12:41


またブコメで屁理屈いうやつが居るんだろうけど、社会で合理的に受容される程度の基準を無視して外形的な要素還元の陥穽にはまるなら、そもそも裁判所みたいな「事実認定の専門家」もいらないわな。 - kashiwa_nakamotoのコメント / はてなブックマーク

 

まさにその「事実認定の専門家」によってろくでなし子は有罪になったんだが・・・そんな専門家ならいらんでしょ・・・

憲法第99条を持ち出して改憲の話をするなというのはかなり無理筋なのでは・・・?

 

首相訓示は「憲法擁護に反する」 野党批判、自民議員も困惑 - 共同通信

日本の首相に行政府の長としての立場と一国会議員としての立場の二重性があるのは自明でしょ。前者のパワーを使って改憲を目指すのはNGだが、後者としての所信を述べるのはなんら問題ないでしょ。二つは両立する。

2018/09/04 12:57

 このブコメを書いた後、議員であっても、首相なのだから(そっちが優勢で)改憲の話はNGみたいな反論はありえるだろうなと思ってしばらく考えていた。

ただ憲法を紐解くと、どうも掲題のような結論になりそうだという感じがしてならない。

以下99条(強調は私)。

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法尊重し擁護する義務を負ふ。

 なるほど~「尊重し擁護する」べきなんだから国務大臣たる首相は改憲の話はできない・・・ってそうなら国会議員も入ってるから国会議員も改憲の話できないやんけ!となる。それはいくらなんでもおかしい。

 

改憲の自体は99条の前の96条に書かれている。

第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

読んでの通り国会議員が発議するのだから事前に議員が議論するのは避けられまい。そう考えると99条の「尊重し擁護する」とは別に改憲の話をするなという意味ではないと考えるのが自然だろう。これは憲法違反をしないように努力せよとか、はたまた憲法を無視、軽視する外力に抗えみたいな話であって、改憲の話とは別であろう。(だから例えば去年話題になった臨時国会の招集が遅いみたいな話で53条と併せて99条違反だろみたいな話になればそれはわかるのであるが)(また、"前回"の全面改定時のような国家に課せられた法的義務がある時しか発議できないみたいな話をする人はよもやおるまい・・・と信じたいが)

 

だから首相が改憲の話をするのが気に食わない人は例えば99条でなくあくまで行政府の長なんだから三権分立上問題があるという方が筋がいいだろう。ただ首相であっても二元代表制である日本の制度下では当然に議員なのだからその立場としてなしうる職務について言及することがことさら問題になるとも思えない。これまで告示のなかで自衛隊関連法案について一切話したことはないということはないだろうし、それが憲法でも構造は同じだろう。整備するとまでいうのは越権だという批判ももらったが、96条に国民に提案し、承認を得ると書いてある通り、国会議員に発議の主体性が認められてるのであって、改憲の意思を持つこと自体は問題にはならないだろう。ただ、もし改憲するのが責務だとまでいうと語弊があるだろう。しかし首相はあくまで「環境を整える」のが責務と言ったまでであり、その責務の一部が「改憲の発議」ということであれば問題なかろう。

 

また首相の立場としても、法律では政府提出法案があるのだから政府提案改憲というのがあっても殊更に異常なことだとは思わないのだがどうだろうか?(実際、例えばフランスでは政府も改憲を提案できる)もちろん憲法は国家を縛るものであるからその統治機構がその制約を緩めるように動くのは元来、抑制的であるべきだろう。だが、改憲は悪で凝り固まっている人は理解しがたいかもしれないが改憲したい勢は良かれと思ってやっているのである。現状の憲法の一部が国益が国民の幸福への枷になるのであればそれを正そうとするのは自然の流れだ。手続きに問題がなければ合憲であろうし、その過程で問題視される事象があったとしてもそれらの最終判断も統治行為論的に国民に委ねられると考えるのが妥当と思われる(もちろんそれらの事象が公知の上での話だが)

 

最後に改憲反対派の人たちにアドバイスしておきたいが、仮に相手が間違っていても批判の論理はどうでもいいということにはならない。感情的になって論理がおろそかになるのはまったくいただけない。今回批判したような99条を利用した改憲議論批判は逆に立憲主義を馬鹿にし、憲法尊重していないともいえるだろう。まるで、まともに議論すると負けるのではないかと思っているのではないかと穿ってしまうほどに残念な詭弁である。むしろこのエントリのような批判は改憲反対派から出てくるのが本来は好ましいのだろう。正々堂々の議論を望む。

 

世界一非常識な日本国憲法 (扶桑社BOOKS新書)

世界一非常識な日本国憲法 (扶桑社BOOKS新書)

 

 

 

無敵の人を『覚悟』させないために

社会の側ができること

あらゆる犯罪に言えることだが、犯人が悪いと非難したところで相手の内心をどうこうできるわけじゃない。そんなもん事後の感想、はたまたどうかなったところで後の祭りなわけで、刑罰で溜飲を下げられないのなら、結局、社会の側が事前にどう対策をするかしかない。

 

法律上犯人が悪いのは分かり切ったことだが、『覚悟』されちゃったらどうしようもない。現状の法律は基本、事後にしか対処できないから『覚悟』しちゃった人に対しては抑止力は弱い。

 

逆に言うと覚悟させない仕組みみたいなのが必要なのだろう。

功利的に言ってしまうと、社会的に孤立させずに守るものを作らせる。(というか孤立しちゃった人って言葉は通じるけど、あっち側に行っちゃった人なわけでそもそも前提が変わってくる。結果、対話が成立しない。)

 

自由主義的にはコミュ障や陰キャが不幸になろうが知ったことかということなんだろうが、防犯的な意味合いではもうちょっとフォローしてあげたほうがよいのではないか?

 

昔はお見合いさせようとするおせっかいおばちゃんが多かったらしいけど、あれも社会の知恵の一つだったんかね。

 

 

自分は悪趣味ながら凶悪事件のwikiとか読むのが好きなんだが、事件自体よりも犯人の生い立ちに興味をもつ。もちろんどうしようもないサイコパスみたいなのもいるが、もう少し境遇が違えば防げたのかもなあという犯人も多い。だから低能先生にしたってどうしてこういう人間になったのかの方が気になる。親、学校、はたまた職場か。自分も今は家族があって一応警察の厄介にはなっていないが、一人だったらどうなっているかわからない・・・。俺がまともなわけではなく周りが『まとも』にさせているのだ。

 

まあ自分自身はリバタリアンなので原則放っておいてほしいが、子供の福祉的には成人するまでのフォローはもっと必要だろうし、成人後も単にハード面でのセーフティネットだけでなく、孤立しないためのメンタル面でのサポートや積極的な介入も不可能ではないのかと思う。

 

 

対面ではコストに限界あるだろうから、逆にネットのいい部分の可能性はまだあるように思う。今は具体的な策が思いつかんが、なんらかの施策ができる余地はあるように思う。民間企業と協力して今回の件のような危なっかしいのがいたらカウンセリングにつなげるとか・・・もっと積極的にパトロールするとかもあるだろうが他の自由権との兼ね合いが問題になるだろう。今思いつくのはそんぐらい。

 

(固い言い方をすると生存権のみならず精神的な福祉や自尊心といったものは社会が保障や介入をすべきかというのが今後大きな課題になってくるように思われる)

今回の件について雑感

最近の無差別殺人に比べれば、ある意味、低能先生はちょっとマシ*1な方で、ちゃんと予兆があって、それなりに煽られた上で自分の中で殺してもいいと思った奴を選んでやったわけだ。

ある日突然、無差別に無関係な人が殺されたということではなかった。

そういう意味で『こっち側』には少しばかりの猶予があった。何かできたのかなという気はしないでもない。

誰かになにかをやる義務があったかわけではないが、誰かがなにかをやる機会はあったわけである。

なすがままにしておけば向こうが向こうの理屈でこっちを断罪するだけだ。

 

だからはてなに関してはその余地が大きかったのかなと思う。シャドウバンや低能といったワードが引っかかればIDコールが飛ばないようにするような実装はできたはずだ。そうすれば無用なユーザー間の諍いや煽りも減らせたことだろう。

 

個人レベルでは触らぬ神に祟りなし、君子危うきに近寄らずである。ネットで四の五の言うのならリアルとは紐付けないぐらいだろうか。Hagex氏に関してはお気の毒とは思うけど、今まで人のトラブル楽しんできた罰があたったんでねーの?ぐらいにしか思えず、そんなに同情的にはなれない。やっぱ金につなげようとすると業が深いわ。

 

はてなもhagexエントリを0ブクマにも拘わらずトップに載せるアルゴリズム書く暇があれば、もうちょい対処してやりゃよかったのにね・・・金にならんことは後回しみたいな姿勢が透けててすかんわ(´・ω・`)

 

みんなも荒らされたら気分悪いだろうけど、もっとリアルの人間関係を大事にする機会だと思って少し距離を置いたりするのもいいのかもね。

 

 

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)

 

 

*1:こっちが対処する余地があるという意味でね

ひどいご都合主義・ルッキズムを見た

(『かぐや姫の物語』についてのレビューです。)

 

妻子捨丸の件である。かぐや姫石作皇子の不倫じみた求愛に慟哭していたのに、終盤、妻子持ちの捨丸とは逃避行に走ろうとする。かぐや姫自身は捨丸の立場には気付いてないという形だが、ムシが良すぎる。夢の中という設定かもしれないが、捨丸自身としてはかぐや姫となら一緒に逃げれるとか抜かしており、妻子に対する一切の葛藤や躊躇が見受けられない。

 

わざわざ妻子を描いておいてそれを切り離した描写をすることは理解しかねる。切り離すなら描く意味がない。

 

もし形を整えるとするならいくつか案が思いつくが・・・

  1. 妻子を消して、単に悲恋として描く
  2. 捨丸に身を引かせる
  3. 略奪愛を描く(結果はともかく)

物語のテーマを鑑みれば3で行くべきだったろう。

妻子があるとわかったうえでかぐや姫は捨て丸と逃避行を望むが結局、それは自分が最も嫌悪したはずの石作皇子と同じ醜悪さだということに気づき、自ら身を引いて月に帰る―――。

という流れなら月に帰るオチとの整合性もつくし、自分としても納得がいく。

 

地球はきれいだの汚いだの話はしてるが、結局、自分の心の醜悪さとかには触れないような構造になっており、肝心なところに踏み込んでいないわけである。結局、美人はつらいよ程度のレベルになりさがっており残念至極だ。

 

(ここまでがご都合主義の話)

 

で腹が立ったのは捨て丸の妻の描写である。目が点ってなんじゃ。要はブスってことなんだろうけど、もし前段のようなご都合主義を実現するためになるべく同情させないような手段としてブスに描いているとしたらとんでもない話である。

 

形式上は捨丸がひどい男だということにしてしまえば済むのかもしれないが、その都合よさを咎めないのであれば結局、物語としては妻のモノ化に加担しているようなものであって、むしろ女性は怒ったほうがいい案件であろう(単に見過ごされてるのかもしれないし、怒ってる人もいるだろうが)。

 

高畑作品は蛍の墓おもひでぽろぽろとかは半端ないと思っているのだが本作については・・・動きはすごいが、シナリオがうーんという印象であった。50億の予算があればもうちょっと違うことができたのではないかという気がしてならない(ちなみに千と千尋の製作費が15億)。

 

一将は得難しというだけに後継を育てるのは難しかったのだろうがジブリという体制が危機的という状況については残念でならない。ともかく高畑監督のご冥福をお祈りいたします。

 

 

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]