読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blueboyクンのおもしろ背理法

蓮舫の二重国籍はありえるよ2(増田の追記に反論) - 思考実験室

↑の前々回のエントリのコメントでblueboyクンがおもしろ背理法を披露してくれたので紹介したいと思う。ちなみに、背理法はある仮定から出発して、正しい推論を積み重ねたときに、初めの仮定と矛盾する結果が導かれたときに初めの仮定が偽であると論証しようとするものである。以下引用。赤字が自分の所感である。

さて。本ブログでは「放棄」を宣言しただけでは「離脱」が完了していないので国内的に「二重国籍だ」と主張している。(←まずこれが仮定ね)
  《 以下、背理法
仮にそうだとすれば、蓮舫を含めて、あらゆる元・二重国籍者や帰化者は、いずれも「二重国籍」であることになる。(←この時点でもう?マーク。離脱したら二重国籍でないと言っているのだが・・・)本ブログはことさら蓮舫だけを目の敵にしているようだが、同じことは他の全員にも当てはまるのだ。(←ちゃんと離脱手続きした人は違うよね?)
そして、あらゆる元・二重国籍者や帰化者が、いずれも「二重国籍」であることになるとしたら、日本は「二重国籍」を認めていることになる! 本人が「外国 籍を放棄します」と宣言しているのに、外国の手続きが完了していないことを理由に「二重国籍者」として扱うのであれば、日本は国家として「二重国籍」を公 認していることになる。本人が「私は二重国籍じゃない。私は台湾籍を捨てました」と言っているのに、このブログは、「いや、違う。国家は二重国籍だと認め ているのだ」と言っているわけで、つまり、このブログは、「日本という国は国家として二重国籍を認めている(むしろ二重国籍の放棄を否定している)」とい うことになる。
これは、「日本は国家として二重国籍を認めない」という方針に反する。矛盾。(←え?最初の仮定は「日本は国家として二重国籍を認めない」じゃないよね・・?)
かくて、最初の仮定は間違い。
 《 背理法、終わり。 》 

 推論の初めからしておかしいし、最後の仮定との矛盾を導くところもおかしい。酔っぱらっているんじゃないかと疑うレベルだ。

法律の知識はたくさんあるふりをしているが、基本的な論理的思考力が足りていないようだ。今後はなるべく関わらないように心掛けたいが本当におもしろい男(かどうかは知らんが)なので、またいじってしまうかもしれない。