読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮舫の二重国籍はありえるよ

anond.hatelabo.jp

蓮舫二重国籍が問題となっているが、蓮舫二重国籍はありえない。法律でそう規定されている。
まず、日本は台湾と国交を結んでいないので、台湾国籍というものは認定されない。
台湾人は中国国籍をもっていると見なされる。

http://anond.hatelabo.jp/20160907154048

 

 

日本は台湾を国として承認していないから台湾籍というものはあり得ず中華人民共和国の国籍法が適用されるという詭弁じみた論法だが、台湾という国の国籍はありえないという立場からでも以下に述べる考え方の方が現実の運用(日本の認識)に近く、それにより二重国籍の可能性はありうると考えるのが妥当だろう。

 

どういうことかというと台湾が仮に中国の一部であっても台湾での国籍の運用は中華民国国籍法に拠っており、大陸では中華人民共和国国籍法で運用されているというだけの話だ。一国で国籍について二重の基準があるとみなせばよい。中国国籍(大陸版)と中国国籍(台湾版)の二種があって、実際にも別の運用がなされているということだ。以上!

cf.子どもの国籍を考える会 各国国籍関連法

 

もう少し言うと、両地域の政治的立場は微妙だが、互いの国籍法を否定しあっているということでもないようだ。

というのは両地域間での観光客が多数いるからだ。しかもそれはパスポートによるものでなく通行証などを使っているようだ(=別国籍という扱いでない)。詳しくはググってね。

 

 で台湾の制度の方には自動喪失の仕組みはないので、蓮舫二重国籍はありうるという認識が一番現実的だと思われる。

 

追記:( blueboy 君にうまく伝わらなかったようなのでもう少し説明を追加)

で、日本もそういった上記の事情は了解していて、別の国とまでは言わないが地域の特殊性に配慮した柔軟な対応をしているということだ。台湾という国と認めていないからと言って台湾のパスポートを無効ともしないし、在留"台湾人"の住民票の戸籍にも国籍・地域の欄に「台湾」と表記したりするわけだ。簡単にいえば日本は中国・台湾を一国二制度とみなしているわけだ。だから、日本からみても、台湾からみても、中国からみても蓮舫は台湾という地域の国籍法が適用される(とみなす)から二重国籍はありえるという話ね。※国籍に関する地方条例があると考えてもわかりやすいかもしれないね。

 

一番じゃなきゃダメですか?

一番じゃなきゃダメですか?